HOME > 事業案内 > エンジニアリング部 > 自走式電動クラッシャ ダイナマイトチューブ

エンジニアリング部

自走式電動クラッシャ

排出ガス"ゼロ"のクリーンな作業環境を実現
天井クレーン天井クレーン

トンネル工事用途に設計された専用仕様

・ホイールローダからの投入を考慮した強化型ホッパ。
・砕かれ飛散した発破原石から機械を保護する飛散除けゴムカバー。
・重荷重での連続運転に耐える専用フレーム。

自走式電動クラッシャ

インバータ制御の採用

・供給電源の周波数に影響を受けず、効率よいパフォーマンスを発揮します。

自走式電動クラッシャ

クリーンな動力

・動力源に電動機を採用。作業現場での排出ガス”ゼロ”を実現します。

自走式電動クラッシャ
自走式電動クラッシャ寸法

仕様

形式 ZR950JCE
機械質量 35,000kg
寸法 全長 12,980mm
全幅 3,540mm
全高 4,130mm
最低地上高 260mm
電動機 種類 全閉外扇屋外型(インバータ制御)
定格出力 132kw 4P 3相 400/440V 50/60Hz
起動方法 インバータ起動
フィーダ 型式 振動グリズリフィーダ(2段)
目開き寸法 90mm
クラッシャ 供給口サイズ 930mm × 570mm
最大供給塊サイズ 740mm(長径) × 460mm(短径)
排出すき間調整範囲 コンクリート25mm~160mm
軟岩45mm~160mm
硬岩60mm~160mm
設置圧 123(1.26)kPa(kgf/㎠)
走行速度 1.5km/h
作動油タンク容量 250L
詳細はこちら
上へ戻る

ダイナマイトチューブ

新発想の装薬方法で、発破の合理化を実現。

ダイナマイトチューブ(DMT)は、岩盤状況に応じた適正な発破エネルギーで発破掘削するために開発された紙製の装薬チューブです。芯抜き、払い、外周孔の発破孔に応じて簡単に火薬量を調整でき、かつ短時間で装薬可能にした革新的装薬方法です。

ダイナマイトチューブ

ダイナマイトチューブが課題を解決!

ダイナマイトチューブ

削孔長が長くなればなるほど過装薬になる傾向にありますが、装薬長を確保するために10cm程度のパイプ・スペーサーを火薬間に挿入すれば、過装薬は抑制できます。しかし、この方法は、作業が面倒で時間がかかり、ほとんど採用されていないのが現状です。

DMTはスペーサーを使用することなく、チューブに火薬を挟むだけで、簡単に火薬間隔を調整。
1~2本のチューブを装塡するだけで、予定の掘進長の発破を容易に可能にします。
特に外周孔は火薬量を抑えて装薬長を長くすることで、損傷が少なくスムーズな坑壁の形成が可能になります。

ダイナマイトチューブ

6つのメリット

6つのメリット
チューブへの装塡

スリットに挟むだけの画期的な装塡方法が、作業の効率化を実現します。

チューブへの装塡
ダイナマイトチューブを用いた装薬方法

装薬は、事前に増しダイのみをチューブのスリットに挟み、切羽で親ダイのみを装塡します。掘進長に応じて装塡されているチューブ1本または2本を発破孔に挿入し、以降、通常の発破と同様の手順で発破します。

ダイナマイトチューブを用いた装薬方法
形状
内径 28mm
外形 31.2mm
厚さ 1.6mm
基本長 Aタイプ/750mm
Bタイプ/1100mm
(現場に応じて調整可能)
対象火薬 200g/本
形状
エンジニアリング部のお問い合わせはこちら
adobe

PDFファイルは、Adobe Readerで閲覧することができます。(無償)

上へ戻る